FC2 Blog Ranking競馬



日曜日情報結果
東京11レース

NHKマイルカップ

6ギルテッドミラー
高速馬場でレシステンシアが引っ張る厳しい流れの中で内枠から上手く好位~中団で運べれば面白い存在で、2走前の1400m戦でも流れた中でしっかりと反応してグランレイを子ども扱いしており、グランレイはハイペース型で1400ベストの馬だけに、あの形で運べたグランレイに圧倒できたのは高く評価できます。
今回はマイルという距離もポイントとなってきますが、前走のアーリントンCもロスが多かったこととペースを考えるとタメの利かないポジションで進めて良く踏ん張れており、今回想定される展開なら軽視できない存在と言えます。

3レステンシア

2走前のチューリップ賞3着後に「楽に行っていい感じで4コーナーも回って来れたので、ピュッと伸びるのかなと思ったら案外でしたね。追い切りでもラスト1ハロンは動くので、溜めたら溜めただけ動くと思っていました。」とは松下調教師の話。

阪神JFや桜花賞の内容からもこの馬はスピードこそが最大の武器と言え、JFを見ても質的に高いレベルのものを持っているのは間違いありません。

あの時点で45.5-47.2で32秒台の走破時計に持ち込めるというのは超高速馬場だとしてもなかなかできない事で、高速府中への対応という点でも前半部分~中盤部分はクリアしていると言えます。

速いラップから3角で息を入れてからの加速ができているのは大きなアドバンテージと言え、坂の登りで加速できるかどうかというポイントは、前半速く中盤で少し緩む傾向のNHKマイルCの傾向を考えると問題とは言えず、今年はこの馬が最上位の1となります。


17サトノインプレッサ

前走の毎日杯は淀みの小さい中での破壊力がイマイチで、2,3走前の方が内容的には良く、バランス的には前半はスローで流れた方が良いタイプと言えます。

この馬は中距離色が強いタイプで、NHKマイルよりも土曜日の京都新聞杯の方が合っているように思えます。

今回はレシステンシアを筆頭にサクセッション、タイセイビジョン、ルフトシュトロームと、高速馬場でのハイペースマイル戦でパフォーマンスを高めそうなタイプが揃っているだけに、馬券的には手を出し辛い人気馬となります。

会員様情報では3レシステンシアと6ギルテッドミラーからの3連単指示で1527.5倍的中となりました。

gfdg








































コロガシレースは土曜日不的中→日曜日的中となりました。


日曜日情報(コロガシ2鞍目)

京都3レース

14ニホンピロストーム

2走前は放牧明けの1戦でクビ差の2着に好走し、揉まれずにスタートから出して行って後続に5馬身の差をつける勝ちに等しい内容のレースとなりました。

叩き2戦目の前走は12番枠からの競馬となりましたが、外のサトノマッスルの方が速く出たため、ハナを切れずに閉じ込められる格好となり、思ったポジションが取れずに2走前よりも約1秒遅い走破時計で持ち味を生かせないまま3着となりました。

ただ、ハナを切れなくても崩れずに走れた点は好材料で、今回の枠並びなら揉まれる不安も少ないだけに巻き返し濃厚の1頭と言えます。


4オンザフェーヴル

ダート初戦の4走前は「体を硬くしていてスタートで立ち遅れました」との事で、大外枠から出遅れて後方から直線だけの競馬になりながらも差を詰めての4着。

砂を被って気にする面を見せ、終始外を回りながらも最後まで脚を使えていた点は評価でき、ダート2戦目は行きっぷりが良化していましたが抑える競馬をして後方の位置取りとなり、勝ち馬の後を追って4角では大外を回る厳しい競馬となりましたが最後は地力の違いで差し込んでの3着となりました。

最後は2着との差が埋まらない差があったために藤岡騎手が流して追わなかったため、まともに追っていればもっと時計は詰まっていた内容と言えます。

2走前は藤井騎手に乗り替わりとなり、いつもよりも前にポジションを取る競馬となりましたが、「勝負どころでフワっとしていました。寄られたりフワつく面もあって案外でしたがこれならじっくりと構えて終いを生かした方が良さそうです」との事で7着。

前走は勝ち馬の直後で徹底マークするも直線で突き放されましたが、この馬自身も最後までしっかりと脚を使って3着以下の5馬身以上の差をつけました。

前走は相手が悪かったでけの1戦で未勝利突破間近の1頭と言えます。


上記情報馬2頭のワンツー決着となり、72.8倍的中となりました。



お申し込み方法
(24時間取り引き可能のコンビニエンスストア決済もご利用いただけます)



↓18年のNHKマイルC週内容
コロガシ成功で83万6000円獲得!NHKマイルC的中で64万7800円獲得!
http://keiba121.livedoor.blog/archives/2018-05-06.html



土曜日の結果

新潟12レース(コロガシ1鞍目)


1モレッキ
飛節が弱かったためにデビュー遅れていた1頭で、デビュー戦は既走馬相手に好時計で快勝。
返し馬ではかなり周りを気にする面があり、スタートも出遅れて頭が高くトモが流れるような感じで走っており、道中は馬込みに入れて進められていました。
並みの馬なら終了となるパターーンですが、この馬は直線で馬場の中ほどから抜け出すと先に抜け出していた馬を競り落とし、後続を振り切っての勝利となりました。
この勝ちっぷりは上のクラスまで行くかと思わせるパフォーマンスでしたが、その後は集中力を欠く競馬や道悪馬場でノメッてしまい5,9,9着。
ひと息入れた前走は3コーナーから捲られるかなり厳しい展開ながら2着に残したのは評価でき、レースでは力んでしまうためハナに立つ競馬が理想で、今回はメンバーを見ても逃げ馬不在で単騎逃げが叶いそうです。
稽古では準オープンクラスの格上馬と互角に渡り合っており、能力はこのクラスの馬ではないだけにここは力の違いを見せられそうです。


1モレッキが2着となり、会員様情報で複勝2.2倍的中となりました。

(10万円→22万円)

220000














日曜日の結果
東京1レース(コロガシ2鞍目)


9シャドウラーテル
この馬は芝で2着の実績がある馬ですが、末脚がキレないために芝では限界があり、近2走は芝で14,9着。
この馬の武器はスピードの持続力で、4走前の福島戦では逃げて標準時計で走って5着となりました。
このレースの3着馬ハーレムラインはその後、3連勝でオープン勝ちを決めており、ハイレベルな1戦といえます。
この馬はスタートも速いので先行して渋太さを活かせるレースになれば好走可能で、ダートに関しては3走前の未勝利中山ダート1200m戦で1:13:6の時計で上位に走れているようにダート適性もあります。
このレースは前半3F=34.1というかなりのハイペースになっており、そんなペースを初ダートで揉まれながら上位に走れたのは評価できます。
今回は芝スタートで良いポジションを取れる可能性が高く、メンバー大幅弱化で先行タイプが少ない一戦となり、ゆったりとした逃げか先行策が取れるここは後ろから馬を差せる馬は2~3頭しか見当たりません。


5プローシブル
久々のダート戦となった前走は好位集団の内で道中は折り合いに専念し、先頭を窺う絶好のポジションから直線は抜け出しを図りましたが勝ち馬の決め手に屈する形での2着。
瞬発力に欠けるタイプだけにダートで先行してどこまでと言うタイプですが、今回は先行タイプが少なく9シャドウらーテルと行った行った濃厚の1頭と言えます。


結果は上記2頭のワンツー決着となり、ワイド1点3.8倍的中となり83万6000円の払い戻しとなりました。

(22万円→83万6000円)


885
















東京11レース

NHKマイルカップ


今年からアーリントンCの施行時期が変更になり、新たにNHKマイルCのトライアル戦となりました。
アーリントンCの行われる阪神芝1600m外は、朝日杯フューチュリティステークスと同じコースで、直線が長くゴール前に坂のあるタフなコース設定となっており、阪神施行朝日杯の勝ち馬はまだNHKマイルCに出走してきた例がありませんが、同コースのアーリントンCがトライアルになったことで、より本番に近いレースが繰り広げられる舞台が整ったことになります。

今年のアーリントンC上位3頭(タワーオブロンドン、パクスアメリカーナ、レッドヴェイロン)は注意が必要で、それ以外には好タイム決着だった毎日杯で、ブラストワンピースの2着となったギベオン。

この馬が毎日杯で同タイム3着に負かしたインディチャンプが、前出のアーリントンCで0.2秒差4着だった事を考えると、タイム差比較からはアーリントンC上位陣と同等の評価ができます。

最後に注目したい1頭はあまり本番に直結しないニュージーランドT2着のケイアイノーテックで、今年のニュージーランドTは風が激しく吹いており、後方から差し切ったカツジは風を大きく味方につけての勝利となり、評価したいのは風の影響を大きくけながらも前で展開して2着となったケイアイノーテックとなります。
この馬はハイレベルの朝日杯でタワーオブロンドンとハナ差の競馬をしており、世代レベル上位の1頭と言えます。



会員様には上記5頭の3連単ボックス指示となり、11-9-17で3連単1295.6倍的中となり64万7800円の払い戻しとなりました。


gas













お申し込み方法
(24時間取り引き可能のコンビニエンスストア決済もご利用いただけます)


先週の天皇賞・春週は5万円開始のコロガシ勝負週となりました。


土曜日の結果(5万円コロガシ1鞍目)

土曜日情報(事前公開内容)

・・・・は・・・・・・・・・・・・に使われて・・・・着となりましたが、「ワンペースでずっと忙しそうでした。距離はもっとあった方がいいですね」と・・・・・・・・騎手の進言で・・・戦目の・・・・は・・・・・・・・・・・・・m戦に使われるも・・・・・。
手足の長い馬だけに外回りは合っている条件と言えますが、このレースでは外枠で壁を作れずに前半は力みながら走ってしまい、直線で外に出してから渋太く伸びるも内を通った馬が伸びる馬場状態で・・・・・までとなりました。
・・・・走前の・・・・・・戦では直線で外に出したいときに馬がいて出せず、前も開かずに内の馬にぶつかる場面もあり、走行している間に脚が無くなってしまい・・・・。
前走は・・・・・・キロ減でも細くはなく、中団の前のポジションで進めて勝ち馬には及びませんでしたが馬群から難なく抜け出して・・・・・・・・に浮上しました。
今回は・・・・・・・・・・・で間隔を詰めて使えるだけに更に前進可能の1頭と言えます。


上記内容は以下のように公開させていただきました。


土曜日情報

京都5レース

5ヒートオンビート
初戦は阪神2000m戦に使われて2着となりましたが、「ワンペースでずっと忙しそうでした。距離はもっとあった方がいいですね」とルメール騎手の進言で2戦目の前走は2200m戦に使われるも5着。
手足の長い馬だけに外回りは合っている条件と言えますが、このレースでは外枠で壁を作れずに前半は力みながら走ってしまい、直線で外に出してから渋太く伸びるも内を通った馬が伸びる馬場状態で5着までとなりました。
2走前の京都戦では直線で外に出したいときに馬がいて出せず、前も開かずに内の馬にぶつかる場面もあり、走行している間に脚が無くなってしまい6着。
前走は14キロ減でも細くはなく、中団の前のポジションで進めて勝ち馬には及びませんでしたが馬群から難なく抜け出して2番手に浮上しました。
今回は距離2戦目で間隔を詰めて使えるだけに更に前進可能の1頭と言えます。


会員様には単勝1点指示で的中となり、8万円獲得となりました。


1112
















日曜日情報結果(5万円コロガシ2鞍目)

京都11レース

天皇賞・春

14フィエールマン
前走の有馬記念はこの馬にとっては適性外の流れでもそれなり対応できており、昨年の天皇賞ぐらいのパフォーマンスを発揮できれば当然最右翼の存在となります。
この馬がこれまで見せてきたパフォーマンスからも、京都の長距離で求められるトップスピード面と4F戦で分散してという適性面が高いタイプと言え、ルメール騎手に戻る今回は3角までには良い位置にいるという期待ができるのも大きな材料と言えます。
この馬の場合はトップスピード面が求められた時のラストの持続力が最大の武器で、これまでもこの武器が接戦を制す最大の要因になっていたと言えます。
唯一ゲートの拙さがネックとなりますが、3200mもあればどこかで息が入るため、上手く察知して動くべき所で動けて収めるべき所で収められるルメール騎手とのコンビというのも安定感の要因と言えます。
また、昨年の天皇賞春のように4F戦で多少分散してももう一段ギアを上げられるタイプだけに、長距離で大きく崩れる心配ありません。
今回はキセキの参戦
で例年よりも早い仕掛けからの消耗戦となる可能性もありますが、前走の有馬記念の内容からも崩れる不安は少ない1頭と言え、今年の天皇賞・春の大本命馬となります。

会員様には14フィエールマンの単勝 1点指示で2倍的中となり、16万円獲得となりました。


hhhgfgh















お申し込み方法
(24時間取り引き可能のコンビニエンスストア決済もご利用いただけます)




2018年のコロガシレース結果
52週間のコロガシレース提供のうち、27週間でコロガシ成功となりました。

3万円コロガシ結果
7週提供→3週成功 累計獲得金額51万円



5万円コロガシ結果
15週提供→8週成功 累計獲得金額390万円

10万円コロガシ結果
30週提供→16週成功 累計獲得金額793万円
10万円→83万円+64万円(コロガシ情報+NHKマイル情報)
http://keiba121.livedoor.blog/archives/2018-05-06.html

10万円→45万円(10万円3鞍コロガシ)
http://keiba121.livedoor.blog/archives/2018-10-07.html



お申し込み方法

(24時間取り引き可能のコンビニエンスストア決済もご利用いただけます)


2018年高額払い戻しベスト3
9月2週目 45万9000円獲得
http://keiba121.livedoor.blog/archives/2018-09-09.html


2017年はブログでのG1無料公開情報馬は9頭公開し、8頭が馬券に絡んでいます。

菊花賞では10番人気クリンチャーが2着(コロガシ不成功)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4849151.html

日本ダービーは3番人気スワーヴリチャードが2着(22万2300円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4791907.html

ヴィクトリアマイル1番人気ミッキークイーン7着(コロガシ不成功)

NHKマイルCは6番人気ボンセルヴィーソ3着(コロガシ不成功)

天皇賞・春は1番人気キタサンブラック1着(16万円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4780997.html

皐月賞は4番人気ペルシアンナイト2着(51万円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2017-04-16.html

桜花賞は3番人気リスグラシュー2着(71万円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4772816.html

大阪杯は7番人気ステファノス2着(39万円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4770119.html

高松宮記念は3番人気レッツゴードンキ2着(81万円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4767286.html


2017年の10万円コロガシ勝負週の結果(21戦12勝)
10万円コロガシ週の各レースの成績は46戦36勝となっています。

↓10万円コロガシ勝負週(12月23,24)は88万3500円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4873419.html

↓10万円コロガシ勝負週(12月16,17)は68万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4870349.html

↓10万円コロガシ勝負週(11月25 ,26)は16万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4862758.html

↓10万円コロガシ勝負週(10月14,15)は40万7700円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4846196.html

↓10万円コロガシ勝負週(9月16,17,18)は191万3600円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4835465.html

↓10万円コロガシ勝負週(9月9,10)は68万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4832354.html

↓10万円コロガシ勝負週(8月12,13)は122万5000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4821820.html

↓10万円コロガシ勝負週(8月5,6)は54万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4819031.html

↓10万円コロガシ勝負週(4月29,30)は16万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4780997.html

↓10万円コロガシ勝負週(桜花賞週)は71万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4772816.html

↓10万円コロガシ勝負週(大阪杯週)は39万4400円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2017-04-02.html

↓10万円コロガシ勝負週(高松宮記念週)は81万7000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2017-03-26.html