FC2 Blog Ranking競馬



日曜日

東京12レース

2ダンシングチコ
6走前の中山戦では掛からないように内に入れて進めましたが道中は寄られる不利を受けてしまい、直線でもそのまま内を突きましたが包まれ、バラけたところで勝ち馬が抜け出した後を追うように伸びてゴール前で2着馬に際どく迫っての3着。
休み明けの5走前は中京1400m戦に使われて3着に好走しましたが、返し馬からゲートまで近走は我慢が利くようになってきた点が好走の要因と言えます。
この時は、道中抑えて中団のやや後ろで進め、3角でラチ沿いに入れるとそこからはずっと内を進み、1ハロン標まで進路が出来ずに待たされるロスがありましたが、前が開くとひと伸びして3着に浮上してきました。
コンマ1秒差という結果を考えるとスムーズならかなり際どかった1戦と言えます。
しかし叩き2戦目で上積みが見込めた次走は15着に大敗し、「今日は返し馬からいつもと様子が違っていました。テンションがこんなに高くなってしまうと厳しかったです。」との事で度外視可能の1戦と言えます。
3走前は距離短縮で挑むも出遅れて後方からの競馬となり、直線まで内を進めて直線で外に出すと3番手に浮上しました。
叩き2戦目の2走前はスタート後に狭くなってしまいましたが、向正面から外でポジションを上げて行き、4角で前を射程圏に入れて追われる毎に前との差を詰めて前が残る展開で2着に食い込みました。
前走は直線で内に切れ込みながらも逃げ馬を交わして押し切りを狙いましたが、ゴール前で勝ち馬に差されての2着で、直線で外を通していれば勝っていた内容でした。
嵌れば勝ち負けになる脚力がある馬だけに、ここも好勝負必至の1頭と言えます。






お申し込み方法
(24時間取り引き可能のコンビニエンスストア決済もご利用いただけます)




昨年の安田記念週の土曜日の結果

阪神2レース(コロガシ1鞍目)

16ブラッディムーン
「これまで太宰騎手が大事に乗ってくれていたので気持ちが穏やかになって良い方向に向いてきていますね。」と、前走騎乗した秋山騎手が話しており、前走は押っつけて向正面で前に出る競馬となり、終始外を回らされる形になりながらも3着馬に競り勝っての2着となりました。
今回は立て直されて乗り慣れた太宰騎手に戻り、中間の稽古を見ても休養前よりも毛ヅヤが良くなって抑えもきいており、メンバーが手薄なここは勝負になる1頭です。

10ヴィーゲンリート
心房細動だった2走前はノーカウントの1戦で、前走は押して先行して内の馬を交わして3角でハナに立ち、ケレン味のない逃げで2着。
直線では勝ち馬に前に出られてからも渋太く食い下がっており、この距離でスンナリ良ければ走る1頭と言えます。
怖がりで揉まれ弱さがあるだけに今回も枠も最適と言え、ここは上位濃厚の1頭と言えます。


結果は上記2頭が1-3着となり、ワイド2.2倍的中で22万円の払い戻しとなりました。


22













東京11レース(コロガシ2鞍目)

安田記念

2アエロリット
一昨年のNHKマイルCの覇者で昨年は安田記念で2着、毎日王冠で優勝している実績馬で、府中のワンターン競馬で高いパフォーマンスを示しています。
安田記念と毎日王冠では違うパターンで高いパフォーマンスを見せており、安田は淡々と流れて2列目で進めて1:31.3というのは破格の時計で、毎日王冠はかなりのスローから11.7 - 11.7 - 10.9 - 11.2 - 11.7とL3最速で10.9と速いラップを踏んで後続を寄せ付けない競馬となりました。
トップスピード持続特化でステルヴィオやキセキといった強敵相手にここまでやれているというのは明らかに1枚上のパフォーマンスで、超高速府中適性が非常に高い馬と言えます。
この馬の弱点は3つあり、揉まれ弱さ、右回り、道悪馬場となります。NHKマイルCは同馬の気性を十分に理解している横山典弘騎手が8枠16番から好スタートを決めると外々を回って4、5番手につける競馬で(馬場の内目が荒れていたこともありますが)外からも内からも他馬を寄せないレース運びを行い3~4角は2番手で回って直線で追い出されると残り200メートルで先頭に立って押し切りました。
桜花賞では横山騎手はスタート後に後方4、5番手まで下げて直線勝負に賭けましたが良く伸びたものの5着まで。
これは得意とは言えない右回り戦で揉まれないための作戦でしたが稍重という馬場も響き、これまで稍重以上の道悪競馬は4戦して【0・0・0・4】とまったく結果を出せていません。
桜花賞はこの馬の弱点が3つ揃う最悪の条件でも5着に健闘しており、左回りの良馬場となった前走のヴヴィクトリアマイルでは最大限にパフォーマンスを発揮できる舞台と言えましたが暴走気味の逃走劇でレコード決着の5着。
まともなハイペースなら高いパフォーマンスを期待できる1頭と言え、前走の敗戦で妙味が生じる1頭と言えます。

14アーモンドアイ
前走のドバイターフはメイダンの1800m戦で表記上はややハイペースに見えますが日本式の計測で補正すれば46.1-47.9ぐらいとなり、かなりのハイペースだったと言えます。
ラップ推移的には前半の方が速く中盤以降は11秒台後半を維持するような流れになっており、L1は12.29と12秒台まで落としていました。
前走はかなりタイトな流れとなりましたが、こういう競馬でも流れに乗って力を見せられた点は評価できます。
適性的にはこれまで見せていない競馬となっており、ハイペースの流れでそう差のない位置でついていってしっかりと足を引き出して勝ちに行って完勝という内容で、普通に強い競馬が出来ており、着差以上の競馬だったと言えます。
1800m戦でのタイトな流れに対応できたのは収穫で、これならある程度距離の幅は持っていることを証明できました。
マイルがベストとは言い難い馬ですが1800~2400辺りなら現役最強のパフォーマンスを見せてくれる馬だけに、マイル戦でも期待が大きい1頭です。

会員様にはアエロリットとアーモンドアイのワイド1点指示となり、この2頭が2,3着となり4.7倍的中で103万4000円の払い戻しとなりました。

fas





















先週の会員様情報結果

ダービー週は15万円開始の大口コロガシ週となりました。

土曜日の結果
京都6レース(15万円コロガシ1鞍目)


3アルクス
2走前は久々の1戦で初の古馬相手となりましたが、重い馬場が合わずに頭を上げながらの競馬となってしまい参考外と言える内容での6着。
年明けに心房細動を発症しましたが、去勢で減った体を戻して挑んだ前走は前に壁を作れずに道中は行きたがるのをなだめながらの競馬となり、4角を回って先頭にピッタリ並ぶと追い比べで相手を競り落とし、直後を進んだ勝ち馬には遅れをとりましたが立て直した効果が窺える内容での2着となりました。
もう少し脚を溜める競馬が出来れば更に上昇する余地を残しており、叩き2戦目の今回は相手にも恵まれチャンスが大きい1頭と言えます。


会員様情報では3アルクスと6エレヴァルアスールとの馬連・ワイド各1点指示で馬連2,3倍、ワイド1.3倍的中となりました。


272000

















日曜日の結果
東京11レース
ダービー(コロガシ2鞍目)

5コントレイル
前走の皐月賞はサリオスの強襲を凌いでの勝利となり、無敗でのダービー制覇に向けての最難関をクリアしてきました。
東京スポーツ杯は6番枠から五分のスタートを切って無理せずに好位から中団の外で進めていく形となり、淡々と流れる中で中団外から進めて3~4角で前が単騎という形で4角で外から動きながらゼンノジャスタの後ろから直線序盤で追い出されて一気に反応してL2の前に先頭に立つとそのまま突き抜け続けて後続を寄せ付けない圧勝となりました。
東京スポーツ杯の時計はかなり優秀で、上がりも凄まじいハイパフォーマンスを示した1戦と言え、ダービーに向けて肝心なところをクリアしてきたと言えます。
府中では加速の地点で上り坂を迎えることになり、L2最速までの過程となるL3で上り坂を迎えてL2地点途中までの登りで弾けており、特にゼンノジャスタの後ろから外に出してからの反応の速さが抜けており、ここで先頭に立っていたのは異次元のレベルと言えます。
これは2歳戦としては過去の歴史の中でも一番のレベルと言え、3歳時のディープインパクトを凌ぐハイパフォーマンスと言え、素材面では大きく抜けているのは間違いない1頭と言えます。

会員様には◎5コントレイルからの馬単2点指示で3.5倍的中となり、70万7000円の払い戻しとなりました。

fds













お申し込み方法
(24時間取り引き可能のコンビニエンスストア決済もご利用いただけます)



2018年のコロガシレース結果
52週間のコロガシレース提供のうち、27週間でコロガシ成功となりました。

3万円コロガシ結果
7週提供→3週成功 累計獲得金額51万円



5万円コロガシ結果
15週提供→8週成功 累計獲得金額390万円

10万円コロガシ結果
30週提供→16週成功 累計獲得金額793万円
10万円→83万円+64万円(コロガシ情報+NHKマイル情報)
http://keiba121.livedoor.blog/archives/2018-05-06.html

10万円→45万円(10万円3鞍コロガシ)
http://keiba121.livedoor.blog/archives/2018-10-07.html



お申し込み方法

(24時間取り引き可能のコンビニエンスストア決済もご利用いただけます)


2018年高額払い戻しベスト3
9月2週目 45万9000円獲得
http://keiba121.livedoor.blog/archives/2018-09-09.html


2017年はブログでのG1無料公開情報馬は9頭公開し、8頭が馬券に絡んでいます。

菊花賞では10番人気クリンチャーが2着(コロガシ不成功)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4849151.html

日本ダービーは3番人気スワーヴリチャードが2着(22万2300円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4791907.html

ヴィクトリアマイル1番人気ミッキークイーン7着(コロガシ不成功)

NHKマイルCは6番人気ボンセルヴィーソ3着(コロガシ不成功)

天皇賞・春は1番人気キタサンブラック1着(16万円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4780997.html

皐月賞は4番人気ペルシアンナイト2着(51万円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2017-04-16.html

桜花賞は3番人気リスグラシュー2着(71万円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4772816.html

大阪杯は7番人気ステファノス2着(39万円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4770119.html

高松宮記念は3番人気レッツゴードンキ2着(81万円獲得)
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4767286.html


2017年の10万円コロガシ勝負週の結果(21戦12勝)
10万円コロガシ週の各レースの成績は46戦36勝となっています。

↓10万円コロガシ勝負週(12月23,24)は88万3500円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4873419.html

↓10万円コロガシ勝負週(12月16,17)は68万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4870349.html

↓10万円コロガシ勝負週(11月25 ,26)は16万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4862758.html

↓10万円コロガシ勝負週(10月14,15)は40万7700円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4846196.html

↓10万円コロガシ勝負週(9月16,17,18)は191万3600円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4835465.html

↓10万円コロガシ勝負週(9月9,10)は68万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4832354.html

↓10万円コロガシ勝負週(8月12,13)は122万5000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4821820.html

↓10万円コロガシ勝負週(8月5,6)は54万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4819031.html

↓10万円コロガシ勝負週(4月29,30)は16万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4780997.html

↓10万円コロガシ勝負週(桜花賞週)は71万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4772816.html

↓10万円コロガシ勝負週(大阪杯週)は39万4400円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2017-04-02.html

↓10万円コロガシ勝負週(高松宮記念週)は81万7000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2017-03-26.html