FC2 Blog Ranking競馬



今週の10月2.3日週は、秋のG1開幕戦となるスプリンターズステークス週となります。
今週のスプリンターズステークス週は10万円開始のコロガシ週となります。


18年のスプリンターズS週は、スプリンターズSが難解だったために土曜日、日曜日各10万円勝負を行っていただき、40万円の獲得となりました。

昨年のスプリンターズステークスは、10万円開始のコロガシ成功で71万円獲得となりました。


昨年のスプリンターズステークス週のコロガシ情報内容

土曜日の結果
中京12レース(コロガシ1鞍目)

14トリプルエース
ハイレベルだったファルコンS4着の実績が評価できる馬で、前走は休み明けで4着に敗れましたが、高速馬場の前残りの決着の中で太目残りでスペースも狭かった点やゴール前で寄られる不利を受けていた事を考えれば評価できる内容と言え、今回は叩き2戦目で最終週の荒れ馬場も合いそうな条件となります。
中京コースの成績が勝率7%、連対率14%の幸騎手から同コースでの勝率20%、連対率30%の福永騎手に乗り替わる点も好材料で、プラス14キロの休み明けを叩いた今回は注文通りの鞍上強化で勝負度合いの高い1頭と言えます。

会員様情報では14トリプルエースの単勝 1点指示となり、27万円獲得となりました。

15442









日曜日
スプリンターズS(コロガシ2鞍目)

10グランアレグリア
今回は中山1200m戦で、今の時計の掛かる馬場だと仮に33.5で前半が進めばこのメンツでも35.0ぐらいでまとめるのがやっとの計算となります。
勝ちタイムを1:08.5ぐらいで想定した場合、高松宮記念では35.6-33.1という極端なバランスで突っ込んでハナ差の2着となりましたが、これをどこまで前半を詰めて後半もまとめてくるかがポイントとなります。
ただ、阪神カップでは34.9-33.5と時計の掛かる馬場でああいう競馬ができてしまっているため、これなら大きな心配もなさそうです。
この馬のベストは1400mの可能性が高く、マイルで高速馬場でスローになってしまとロングスプリント的に難しくなり、1200で高速馬場だと前半の追走スピードで質的に苦労してしまいます。
1400m戦なら馬場に関わらず高いパフォーマンスが期待できますが、1200m戦なら追走が楽になる少し時計が掛った馬場の方が良いタイプだけに、その点で今の中山はある歓迎材料と言えます。

3ダノンスマッシュ
全体の流れがハイペースバランスの方がこの馬自身は高いパフォーマンスを見せられているため、タフな馬場でペースも上がりやすい中山1200のパターンのほうが安定するイメージがあります。
昨年のスプリンターズSもポジションが結果的に後ろになって包まれて外に誘導する前に外から勢いをつけてきたタワーオブロンドンに蓋をされたのが致命的だっただけに、あれが無ければモズスーパーフレアとの差は際どかったように思えます。
ハイペースの消耗戦ならポジションにそこまで拘らなくても良いタイプだけに、今回の条件は適性的に合いそうな1頭と言えます。

2モズスーパーフレア
二の脚が圧倒的に速い馬で、こういうタイプは少し外目のほうが安定する印象があります。
内枠だと一歩目で前に入られそうになって焦ってしまうパターンもあり得るだけに、外目の方が良かったように思えます。
今回の中山1200mは下り坂でスピードに乗せやすい舞台で、この馬の場合は坂の登りがあった方が相対的に踏ん張れているため、ハイペースでのスピード勝負でも強い同馬としては中山1200はベストに近い条件と言えます。
今年の高松宮記念はタフな馬場でペースを平均にコントロールしながら一脚を使ってきましたが、あの形だとダイアトニックもクリノガウディーも坂の登りで伸びを見せており、勝ち切れたのは色々な展開面の恩恵があったように思えます。
今回はベスト舞台に替わるため、高松宮記念よりも高いパフォーマンスが期待できる1頭と言えます。

会員様には◎10グランアレグリアからの馬連2点指示で5.3倍的中となり、71万5500円の払い戻しとなりました。

512







土曜日
中京7レース

13ヴェールクレール
「初戦はジョッキーが色んな事を教えながら勝ってくれました」との事で、福永騎手が馬込に入れて4角で外に舵を切る競馬を行い、直線は他馬と併せる形で伸びてデビュー戦を飾りました。
昇級戦は「今日はデビュー前から懸念していた悪い部分が全部出てしまいました。ただ、良い走りでは無かった中で強い上位馬とは差がなかったからね。課題の残るレースでしたが、改めて能力の高さは確認できました。」との事で、3番手で力んでしまい、折り合いを欠くほどではありませんでしたが、福永騎手にとっては初戦で馬込に入れていた点からも同馬の折り合い面を気にしていたようです。
3戦目では返し馬の時点でもテンションが上がらずに落ち着いた中でのレースで2着に好走しましたが、距離をマイルに延ばした4戦目は中団で力んでしまい6着まで。
休み明けとなった2走前は距離を1400mに戻して挑み、直線では自身の脚を使って勝ち馬とはタイム差無しの4着に巻き返しており、叩き2戦目で再度1400m戦となった前走は3着に着順を上げてきました。
前走は後方から終始外を回るロスがありながらも3着に好走できていますが、今回のマイル戦では近走のパフォーマンスは期待できません




(24時間取り引き可能のコンビニエンスストア決済もご利用いただけます)



2021年G1レース週のコロガシ成績

宝塚記念週 コロガシ成功で38万円獲得

http://keiba121.livedoor.blog/archives/5269552.html


安田記念週 コロガシ成功で52万円獲得

http://keiba121.livedoor.blog/archives/2021-06-07.html


オークス週 コロガシ成功で33万円獲得

http://keiba121.livedoor.blog/archives/2021-05-23.html


NHKマイル週 コロガシ成功万円47万円獲得

コロガシ情報プラスNHKマイル情報的中で73万円獲得

http://keiba121.livedoor.blog/archives/2021-05-09.html




お申し込み方法

(24時間取り引き可能のコンビニエンスストア決済もご利用いただけます)



2018年のコロガシレース結果
52週間のコロガシレース提供のうち、27週間でコロガシ成功となりました。


お申し込み方法

(24時間取り引き可能のコンビニエンスストア決済もご利用いただけます)


2018年高額払い戻しベスト3
9月2週目 45万9000円獲得
http://keiba121.livedoor.blog/archives/2018-09-09.html


2017年はブログでのG1無料公開情報馬は9頭公開し、8頭が馬券に絡んでいます。
http://keiba121.livedoor.blog/archives/cat_142002.html

2017年の10万円コロガシ勝負週の結果(21戦12勝)

10万円コロガシ週の各レースの成績は46戦36勝となっています。
http://keiba121.livedoor.blog/archives/cat_142002.html