競馬


東京11レース

天皇賞・秋

アンビシャス
府中だとポジション取りがかなり重要になってくるため、この馬の場合はトップスピードの質的にもそれなりのレベルにはありますが、少なくとも大阪杯のパフォーマンスを見ても全盛期のラブリーデイと比べれば少し物足りません。
逆にトップスピードの持続力はそこそこのレベルまで来ていて3歳時は共同通信杯で甘かったことを考えると、ある程度のレベルまではきているように思えます。
ただ、大阪杯で勝ち切れたのは超スローの中でキタサンブラックのすぐ後ろという位置を取れたからで、後半要素でキタサンを上回ってきたためです。
ペースが上がればキタサンのペースについていって潰れていた可能性が高く、その点では適性面で限界があったように感じます。

この馬は後半の3要素をバランスよく持っており、ペースが流れてしまえばポジションは気にする必要は無く、フラットに流れても後ろから入れば自身後傾になるのは確実で、中山記念でも4~5Fで見れば相当長く脚を使った上でのもう一足という形だったため、究極的な3F勝負の流れとなれば別ですが、全体で流れてしまえば折り合いも位置取りもそんなに気にしなくて良さそうです。
ただ、昨年秋の府中2戦を見てもわかるように、ペースが遅い中で後半特化での競馬では決定的な仕事はできないので、そこのバランス、リスクをどう取って行くかというのがポイントになります。
今年のカギを握るのはエイシンヒカリの動向で、昨年はクラレントの意表を突く逃げてハナを奪われえしまい、エイシンヒカリは2番手からの競馬で前にスピードをスローにコントロールされて良さを全く出せずに敗れてしまいました。

昨年の失敗があるため、今年はエイシンヒカリは昨年と同じ轍を踏まないように前半は出してハナを奪う可能性が高いように思えます。
そうなれば昨年のようなスローになる可能性は低く、アンビシャス向きの流れる展開となる可能性が期待できます。



土曜日の結果

今週のコロガシレース


『狙いを決めやすい1頭』(ブログでの告知内容)

休み明けの前走はゲートの中でゴソゴソしてしまい、良いスタートが切れずに発馬ひと息。
すぐに挽回して好位の内に収まりましたが、内枠だったために終始・・・・・・・・展開となり、4角手前で仕掛けられた時の反応が鈍く、ここで先行する2頭についていけずに・・・・・着となりました。

この馬は器用な脚が無いため、外から被せられたり揉まれたりすると力をが出し切れずに終わってしまいます。
・・・・・・・走前は・・・・・・・・からの競馬となりましたが、外から来られてしまい、動くに動けないまま・・・・・着。
気性的に抜け出すとフワつく面があるため、勝ち切るのが難しいタイプですが、能力は抜けており、内枠では危険な人気馬、外枠なら信頼できる軸馬となります。


この馬が内枠に入れば高配当が狙え、外目の枠に入れば小点数で勝負できるレースとなります。

会員様情報での公開内容

京都7レース

この条件で馬場が締まった場合、過去5年のレース傾向から3番人気以内の上り3Fタイムが1・2位の馬が優勝しており、2着までに入った馬も7番人気以内の上り3F5位以内の馬となっています。

上り3Fタイム
1位ジェルメーカー 36.5(稍重)
2位ソリティール 36.7(稍重)
3位シュネール 37.1(稍重)
4位ダノンレーザー 37.2(重)
5位シュネール 37.3(良)
6位ソリティール 37.6(不良)
6位ミスズマンボ 37.6(良)

シュネールの3位のタイム37.1秒は昨年2月のタイムで、この馬はスタートが遅く、勝ちに行く競馬をすると終いが甘くなるため、後方待機の展開待ちのタイプとなります。

上記3位のタイムを出した時は、1800m戦の稍重の京都1800m戦で、今回と同じ条件でしたが、近走は1800mでは体力が持たなくなっており、1400m戦を中心に使われています。
さらに、この馬は芝スタートでは行き足がつかないため、オールダート向きのパワータイプですが、京都も阪神も1400m戦は芝スタートとなっており、パワータイプで阪神向きながらも阪神ダート1800m戦も芝スタートとなります。

今回はオールダートの京都1800m戦への出走となりますが、近走は砂を被って嫌がる面を見せているだけに最内枠は割引となります。
以前は砂を被っても問題としなかったため、内で脚を溜める競馬が出来ていましたが。現状は関西の1400m戦では芝スタート、1800m戦でも内では砂を被ってしまい、外ではロスが大きく息が持たないため、オールダートの東京のダート1400m戦の外枠が合っているように思えます。


5ダノンレーザー
休み明けの前走はゲートの中でゴソゴソしてしまい、良いスタートが切れずに発馬ひと息。
すぐに挽回して好位の内に収まりましたが、内枠だったために終始砂を被る展開となり、4角手前で仕掛けられた時の反応が鈍く、ここで先行する2頭についていけずに3着となりました。
この馬は器用な脚が無いため、外から被せられたり揉まれたりすると力をが出し切れずに終わってしまいます。
3走前は最内枠からの競馬となりましたが、外から来られてしまい、動くに動けないまま7着となりました。
気性的に抜け出すとフワつく面があるため、勝ち切るのが難しいタイプですが、能力は抜けており、内枠では危険な人気馬、外枠なら信頼できる軸馬となります。


6ミスズマンボ
当日輸送が合わないのか、昇級の壁なのか、どちらにしても使い詰めで上積みは見込めない1頭。
ここを使ってひと息いれるとの事で。
今回は強気にはなれません。

8ソリティール
この馬は抜け出すとソラを使うため、アタマからは狙い辛く、前走は前半に行けずに序盤は最後尾に位置し、向正面で外から少しづつポジションを上げて勝負どころは2着馬の後ろ。
最後の直線では右手前のままでさっぱり伸びず、6着に敗れました。
この馬は締まった馬場でパフォーマンスを上げてきているため、雨で馬場が締まれば浮上してきます。

9ジュエルメーカー
前走は降級の休み明け初戦で3着。
持ち時計は詰めており、最後は休み明けの分で息が持ちませんでしたが叩かれた今回は大きな上積みが見込めます。



結果はダノンレーザーが1着となり、馬連350円的中となりました。





↓宝塚記念週61万円獲得

http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4647538.html

↓52万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4650671.html

↓20万1000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4663393.html

↓57万6000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4678904.html

↓スプリンターズS週89万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/4691431.html


お申し込み方法 (1)



2014年の秋のG1週のコロガシ成績

宝塚記念不的中

朝日杯FS週 33万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2014-12-21.html

阪神JF不的中

チャンピオンズカップ週 54万7000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2014-12-07.html

ジャパンカップ不的中

マイルCS週(3鞍コロガシ週) 57万1200円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2014-11-24.html

エリザベス女王杯週 97万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2014-11-16.html

天皇賞秋週 62万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2014-11-02.html

菊花賞不的中

秋華賞週 63万9500円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2014-10-20.html


スプリンターズS週 36万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/2014-10-06.html



お申し込み方法

(24時間取り引き可能のコンビニエンスストア決済もご利用いただけます)



2011年のコロガシ成績
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/3221727.html

2012年のコロガシ成績
http://blog.livedoor.jp/keiba121/archives/cat_133636.html